どうしてMacBook Airには傷を付けたくないと思うのでしょうか?

今回のMacBook Air 2018にはハードケースを取り付け

MacBook Airをマッドレッドなスキンシールでラッピング

私が以前使用していたMacBook Air 11インチにはラッピングスキンシールでボディに傷が付かないように保護していました。

私はこれまで何台もパソコンを購入してきましたが、ボディに傷を付くたくないと思ったパソコンはMacBook Airが初めてです。

それだけMacBook Airのデザインや筐体が素晴らしい出来栄えだということですが、それはMacBook Airだけではなくアップル製品全般に言えることだと思います。

そんなMacBook Air 2018には今回はラッピングスキンシールでなくハードケースカバーを取り付けることにしました。

今まではハードケースカバーだといかにもカバー付けています、的な感じがするのが嫌だったこと、またそれによって重量が増すことを嫌っていたからです。

しかし、今回はスペースグレイのMacBook Air 2018を購入したのでスペースグレイの色は隠したくない。

そこで、透明なラッピングスキンシールを探したのですが見つからず、今回は透明なハードケースカバーを取り付けることにしました。

これでMacBook Air 2018に傷が付くことがなくなるので安心です。

TopACE製 MacBook Air 2018 ハードケースを購入した理由

今回はこちらのTopACE製のハードケースカバーを購入した理由は・・・

  • 透明である
  • 軽量そうである

この2点が決め手になりました。

意外と透明のハードケースカバーは数が少なくそれだけでも探すのに苦労しましたが、多くの商品はハードケースカバーの素材が分厚目のプラスチックで作られていると思われる商品が多かったと思われます。

その中でこのTopACE製のMacBook Air 2018ハードケースカバーは透明でかつハードケースカバーの素材自体も薄いものが使われていると思いましたので思い切って購入しましたが、ほぼ満足する結果となりました。

TopACE製 MacBook Air 2018 ハードケースカバーを取り付け

いきなりですがTopACE製のMacBook Air 2018ハードケースカバーをMacBook Air 2018に取り付ける前と取り付けた後の状態を比較。

明らかに右側の方が光沢がきれいで周りのものがボディに写り込んでいることが分かります、

少し派手派手しい感じもしますがMacBook Air 2018本来のスペースグレイの色がはっきりと見えますので個人的には満足です。

この手のハードケースカバーで気になるのはUSB端子などの切り欠き部分ですが、このようにきれいに位置が合っています。

取り付け方法は至って簡単で・・・

  1. 底面カバーへMacBook Air 2018本体をはめ込む
  2. 上面カバーをMacBook Air 2018本体はめ込む

だけです。

底面カバーは本体をはめ込むのは簡単ですが上面カバーは少しこつが必要です。

上面カバーはMacBook Air 2018本体のヒンジがある側を先に取り付け、その後に反対側を取り付けないとうまく固定することができませんでした。

MacBook Air 2018本体は楔形になっている関係でヒンジ側の方が厚くなっています。

ディスプレイ側の上面も同じ構造ですが上面カバーを固定する爪の部分のクリアランスが少ないのでまずは厚いヒンジ側からはめ込み、その後に反対側の薄い部分を爪にはめ込むと比較的取り付けやすいです。

少し重量は重くなりましたがMacBook Air 2018のボディへ傷がつかなくなることが安心につながりますので精神衛生上も非常に良い(笑)

透明なハードケースカバーなので長期使用でハードケースカバー自体に傷が付いて目立ちそうですが、その時はまたハードケースカバーを交換することになりますね。

ラッピングスキンシールが良かったのか、ハードケースカバーが良かったのかをこれで比較していきたいと思います。