iPhoneユーザーはスマホ本体にカバーをする人が多いですが、今回私が購入したカバーはかなりヤバいです!

iPhone11 Proのレンズの凹凸がなくなるケース(カバー)

【悲報】iPhone11 PROの背面にはフィルムは貼れない~バンパーケース不可

私はこちらの記事にも書きましたがiPhoneはできるだけ裸に近い状態で使用したいと考えています。

せっかく美しいiPhoneのボディにカバーを付けたら肝心のボディが見えませんからね。

また、iPhoneの特徴は薄くて軽いボディですからカバーを取付けてしまうと薄さも軽さも感じられなくなってしまいます。

と、言うことで私はiPhoneにはアルミバンパーケース+両面(表と裏)フィルムを貼ってこれまで使用してきました。

しかし、iPhone11 Proは背面がザラザラの表面加工が行われているのでフィルムを貼ることができない。

背面にフィルムが貼れないということはアルミバンパーケースを使用すると背面がむき出しになってしまうことから、アルミバンパーケース+背面カバーという中途半端な状態で使用していました。

こんな中途半端な状態になるのなら最初から潔くお気に入りのカバーを購入して使った方がある意味良かった、と後悔していたのですが・・・・

Deff Ultra Slim & Light Case DURO Special Edition for iPhone 11 Proに出会ってしまいました!

そんな私がひと目見てあっさりとアルミバンパーケースへのこだわりを捨てて、購入したiPhone11 Pro専用のカバー(ケース)がDeff製Ultra Slim & Light Case DURO Special Edition for iPhone 11 Proです。

パット見た感じではカーボン製のスマホケース(カバー)と思えますが、カーボンではなく防弾チョッキなどに使用されるアラミド繊維を使用したケース(カバー)になります。

防弾チョッキに使われるぐらいですからとても頑丈なことは想像できますが、手にすると驚くのは軽さです。

わずか10g程度の重量でしかないiPhoneのケースがこれまであったでしょうか?

これだけ軽くて丈夫、さらに厚さわずか0.7mmって液晶画面に貼るフィルム並に薄いって、これはもうほぼiPhoneを裸の状態で持っているのと同じじゃないですか!

さらに・・・

iPhone11 Proの特徴でありデザイン的な面でかなり残念ななあの三眼カメラの出っ張りをカバーの厚みでフラットな状態にしているとは!

実際には多少底上げされているのですが、その底上げ感する感じさせない薄さ、デザインなのもすごい。

写真のようにこれってアップル製に純正カバーなのか?と思えるぐらいのフィッティングの良さ。

これぞ日本製というぐらい素晴らしいクオリティのiPhoneケース(カバー)と出会ってすごく満足しています。

Deff製BUMPER GLASS フチあり 透明タイプと同時使用がオススメ!

現在Deff製Ultra Slim & Light Case DURO Special Edition for iPhone 11 ProはDeff公式オンラインストアのみで販売されています。

せっかくスマホケース(カバー)をDeff製に変更するのであれば液晶保護フィルムもDeff製で統一しようと思い、BUMPER GLASS フチあり 透明タイプ一緒に購入、取付けさせていただきました。

このBUMPER GLASSの名称の通り、液晶保護フィルムの縁が僅かにかまぼこ状に膨らますことで液晶保護フィルムへの傷が付くことを防いでくれます。

たった僅かな段差、かまぼこ状の形状がとてもうまく作られているのでiPhoneを握っている際もまったく段差を気にすることがありません。

こちらの液晶保護フィルムはDeff公式オンラインストア以外でも購入が可能ですので、まずは液晶保護フィルムだけ購入してみるのも良いかもしれません。

恥ずかしながらDeffというブランドは知っていましたがこれまで購入したことはありませんでした。

しかし、これだけのクオリティがある製品を作るメーカーなのであれば、今後iPhoneを購入する際には一番にDeff製の商品があるのか?をチェックしようと思っています!

【引用・参照元】

iPhone11 Proのカメラがフラットに!アラミド繊維採用の高強度素材ケース