iPadでマウスが使用可能になるのであれば、もうsurfaceを使うのはやめてiPad Proに乗り換えようかと真剣に考える必要がありそうです。

アップルの開発者会議WWDC19にてひっそり発表

アップルが開発者向けに毎年行っているイベントがWWDCです。

今回も数多くの新しい技術が開発者向けに発表されたようですが、コンシューマ向けの機器があまり発表されないので私のようなAppleのライトユーザーにはあまり縁がないイベントです。

今回このWWDC19にて発表されたものの1つにiPad用のOSがiPhoneとは分離して独立したiPadOSとして今後は使用されるとのこと。

まあ、ここまでなら別にそれがどうした、的な感じですがWWDC19終了後に公開された資料の中にひっそりと記載されていたのがiPadOSにてマウスが使用可能になる、とした記述です。

今までiPad及びiPad Proでは公式にはマウスをつなげることすらできない状態が続いていました。

本来タブレットなのにそれにキーボードを取り付け、Macのように使用することをAppleが想定していなかったのか?、それともそういう使い方にNGを出していたのか不明ですが、マウスを使いたいと思っていたiPadユーザーは多かったです。

ついに、その夢が叶うことになりそうです。

iPadで使用するマウスは有線?無線?

現状では有線でマウスを使用することが想定されている模様。

有線の場合はライトニングケーブルまたはUSB-Cポートを利用してマウスを使うことになります。

しかし、仕様の中にはBluetoothが使用可能との記述もあるとことなので、無線でのマウス使用も可能かもしれません。

iPadをキーボード付きパソコンの代替えとして利用するシーンを想像すると、出先での喫茶店など比較的スペースが限られる場所での使用が想定できるので、マウスが使えるのであれば無線の方がありがたい、というのが本音ですね。

iPadで使用するマウスのおすすめは?

静音 ワイヤレスマウス – Babigo E2 Plus 【2019最新Type-Cバージョン】 2.4GHz 6ボタン 無線マウス [省電力 高精度 省エネルギー 持ち運び便利] [Macbook/Windows/Surface/Microsoftに対応]
Babigo

Babigo E2 Plusは2.4GHz無線で使用するマウスですが、USB-C変換アダプターが同梱されていますので、USB-CポートしかないiPadでも無線マウスが使用可能。

現状USB-C対応のマウスはほとんど販売されていないので、この手の変換アダプターを使用することになります。

サンワダイレクト400-MA100は数少ないk有線のUSB-Cポート対応マウスです。

小型マウスでありながらコードを巻き取る仕様なので持ち運びにも便利ですし、狭い喫茶店のテーブルでも必要以上にコードを長くする必要がないので使い勝手も良いですね。

またはお手持ちのUSB対応マウスをこちらのUSB-C変換アダプターで使用するのも「有り」です。
いつもご利用になっているマウスをそのまま使用できますのでコスパと使い勝手が良くなります。

【引用・参照元】