最近徐々に話題になってきたBREX Advanced Monitor(ブレックス アドバンスド モニター)ってどうなんでしょう?

BREX Advanced Monitor(ブレックス アドバンスド モニター)とは?

BREX Advanced Monitor(ブレックス アドバンスド モニター)とは、BMW(F系)のiDrive用のモニターをアンドロイドOS内臓のモニターに交換できる商品です。

簡単に言えば、iDriveのモニター部分をiPadに交換するイメージの商品です。

もちろん標準のiDriveも使用できて、かつスマホやモバイルWi-Fiと通信させることでiPhoneやiPadと同様なこととができるというのが「ウリ」です。

言葉で説明するとピンと来ないと思いますので、以下の動画をみれば一目瞭然です。

これさえあれば、iDriveのイマイチなカーナビもGooglemapがそのまま使用できますし、ユーチューブなどの動画もiDriveのモニターに投影することもできます。

そして最大のメリットは標準のiDriveのモニターよりも大画面にできるってところです。

テレビもモニターも大きい方が見やすいですからね。

実はこれってアメリカでは既に流行っています!

今回BREXさんが販売されることになっていますが、恐らくアメリカで既に販売されている商品のOEMだと思います。

以前も中華製ナビというモノを紹介しましたが、基本はそれと同じです。

OSのバージョンや、モニターサイズなどは違いますが、逆にOSのバージョンやモニターのサイズをBMWのF系に対応させたのがBREX Advanced Monitor(ブレックス アドバンスド モニター)ということです。

こちらの動画に登場するモニターがBREX Advanced Monitor(ブレックス アドバンスド モニター)にそっくりです。

さらに、こちらでは実際の取付方法も紹介されていますので、カーナビやカーステレオを取り付けた経験のある方であれば、比較的簡単に取り付けもできるのではないでしょうか?

e-Bayなどで同様の商品が複数販売されていますので、取り付けに自信のある方は海外通販で購入、取り付けされても良いかと思います。

BMW F系以外でもアンドロイドモニターは取付可能!

実はBREX Advanced Monitor(ブレックス アドバンスド モニター)はBMW F系専門ですがBMW E系専用のモノも海外製ですが販売されています。

BMW E90型3シリーズ用アンドロイドモニター

BMW E46型3シリーズ用アンドロイドモニター

BMW E39型5シリーズ用アンドロイドモニター

元々はこれらの旧型車種に取り付けられているオーディオやモニターをバージョンアップされるために開発されたものなんです。

なので、旧型車種でも3シリーズや5シリーズ用のアンドロイドモニターが販売されています。

BREX Advanced Monitor(ブレックス アドバンスド モニター)が欲しいけどBMW F系でないBMWにお乗りの方は、これらのアンドロイドモニターをお試しされてはいかがでしょうか?