ついにBMWが8シリーズの復活、及び2018年から発売することを正式に認めました。現在公表されているのはこの写真のみ。詳細は不明ですが、かなり全長が長い車になりそう出津。

BMWの8シリーズが復活

公式にBMWが8シリーズの開発及び2018年からの販売を認めました。位置付けとしては7シリーズ以上ロールスロイス以下の位置付けです。なので、BMWブランドの最上級モデルになります。

まずはクーペのみが発売され、順次カブリオレ、グランクーペが発売されることは容易に予想ができます。

ライバルは、アストンマーチンやメルセデス・ベンツSクラスクーペなどになると思いますので価格的には2,000万円前後の設定が予想されます。

8シリーズの誕生により6シリーズは消滅へ

8シリーズが復活するという噂は以前からありました。それに合わせて6シリーズが廃止されるとも言われていましたが、それもほぼ間違いないと思われます。

現に現行の6シリーズクーペの製造は中止されたと伝えられます。よって、6シリーズの製造ラインで8シリーズが製造されることは確定的であり、つまり今まで6シリーズが担っていた部分を今後は8シリーズが担うことになります。

セダンよりもスポーティーな車で、かつ高級路線であった訳ですが、8シリーズに移行することで超高級路線になります。

ボディーサイズはかなり大きい

私が乗っているBMW640iグランクーペは全長5010mm、全幅1.900mmですが、新型8シリーズは公開された写真を見る限り、それと同じか、それ以上のボディーサイズになりそうです。

ボンネットの長さ、なだらかに傾斜するリアルーフのライン。このデザインをから想像するとクーペモデルとは言え、全長が5,000mm前後になると思います。現行よりも300mm程度長くなるということです。

と、言うことはグランクーペが発売される場合は、それ以上に全長が長くなる可能性もあります。まあ、デザインしだいですが。

BMWの内装はメルセデス・ベンツやアウディなどのドイツご三家自動車メーカーとしては質素な部類ですが、最近は派手さは少ないものの年々豪華になってきています。

よって、新型7シリーズ以上に豪華な内装になることは間違いないので、どんなアレンジがされるのか?楽しみです。

エンジン、スペックは未定

公開された情報がこの写真1枚だけなのでエンジンやその他スペックは不明。12気筒エンジンが搭載される可能性もありますが、昨今のダウンサイジング志向に合わせて現行の7シリーズに似たエンジンラインナップになると思われます。

・直列6気筒3,000ccターボエンジン(840i)
・V型8気筒4,400ccターボエンジン(850i)

これにディーゼルエンジンが加わるか?ハイブリッドエンジンが追加させる可能性もあります。

もちろん、M8もクーペ、カブリオレ、グランクーペと加えられることも確実ですので、それなりのラインアップが用意させることになります。

もう、ここまでくると一般人は購入できない車ですね。私の次の愛車候補にはなりそうにもないのが残念です。

【引用・参照記事】

BMW 8 Series Teaser Confirms Long-Awaited Return Of The Fabled Name
BMWがついに8シリーズについて言及。5月末に公開、価格は1800万円オーバー