BMWに限らず日本車に比べると欧州車は小物入れが少ない。何か代用できるものは無いかと調べれると便利なのものを見つけてしまいました。

BMW3シリーズ(F30)4シリーズ(F32)はインパネ共通

BMW3シリーズと4シリーズは元々同じシリーズだったものをセダン系とクーペ系に分類しただけなので、基本的に内装やインパネは共通です。

なので、F80型M3/F82型M4も共通な訳ですが、今度の納車されるBMW M4 コンペティションには小物入れが少ないんです。

BMW 640i グランクーペはセンターコンソールのアームレストが巨大なので、そこにポンポンモノをほりこめたのですが今度はちょっと難しいそう。

そこで何か小物を入れる便利グッズはないのか調べてみました。

センターパネル収納ボックス

これってとっても便利そう。

エアコンパネルの下側のパネルはめくらぶたなので簡単に取り外しは可能です。

実際に使用されているevening_skyさんのブログの写真を見て確信しました、これ欲しい。

ドリンクホルダーに500mlのペットボトルを置いても干渉しないし、スマホや車の鍵などをサクッと放り込めるのはとっても便利。

一応ドリンクホルダーに蓋をすれば小物入れにはなりますが、それだとドリンクホルダーが使えない。

こんな動画作るぐらいならもう少し使えそうなモノを考えてくれればいいのに。。。

ライトスイッチの小物入れ(小銭入れ)への加工も便利そう

(引用先:http://blog.endo.studie.jp/2014/07/post-109.html)

これは自分ではできそうにありませんが、このライトスイッチの下の小物入れは、いつの間にか無くなっていましたね。

現在はレーン・ディパーチャー・ウォーニング、前車接近警告・衝突回避・被害軽減ブレーキのスイッチがここに付いているので小物入れが無くなったんですね。

しかし、他の国ではレーン・ディパーチャー・ウォーニング、前車接近警告・衝突回避・被害軽減ブレーキが標準装備でないので、小物入れ自体はパーツとして存在している。

だから、小物入れだけ取り寄せて、レーン・ディパーチャー・ウォーニング、前車接近警告・衝突回避・被害軽減ブレーキのスイッチだけを移設すれば小物入れが出来上がる、ということです。

ここは専門店さんにご相談しないと設置は難しいと思いますが、あると便利な小物入れです。

シートの隙間を利用する小物入れ

シートとセンターコンソールの隙間にモノを落とさないようにするこの手のクッションが一時はやりましたが、現在はここを小物入れにするグッズもあります。

クッションの代わりにこのようなカゴ?を挟んでおけば小物入れとしても使えますね。

こんな大きめなモノもありますが、セダンやクーペよりもX3やX5のようなSUV系の方ピッタリするかもしれません。

うちの嫁さんのフィアット500Xには・・・

こちらの小銭入れタイプが付いています。ぶっちゃけシートが狭くなるので私には邪魔者でしかありませんが、小柄な女性なら邪魔にならないみたいです。

いろいろ探すと車専用の小物入れはもっと見つかりそうなので、私もさらに便利そうなモノが見つかればご紹介したいと思います。