もうBMW M4 コンペティション F82の純正マフラーは非常に良い音がするので気に入っています。しかし、見た目が惜しい部分があるのも事実です。

BMW M4 コンペティションF82 LCIモデルの純正マフラー


先日こちらの記事を見て思いました。

実は私のM4もマフラーの太鼓が丸見えなんです。

私のM4はLCIモデルですがどうも前期型のM4と比べるとマフラーの音が大きいらしい。

前期型のM4のオーナーさんからも「どこのマフラー入れているの?」と聞かれます。

しかし、実際にはどノーマルの純正マフラーなんです。

私は自分のM4のマフラー音を非常に気に入っているのでマフラーを交換するつもりはまったく無いのですが、先程の記事を読んで思いました。

「マフラーの太鼓が丸見えなのはかっこ悪い・・・」

以前からマフラーのテールだけをMパフォーマンス用のマフラーテールに交換できないか?を調べてみたのですが口径が違うためポン付けでは取り付けできないことが判明したのでマフラーに関しては諦めていたのですが・・・。

アクティブサウンドデザイン(ASD)をコーディングでOFFに

BMWのアクティブサウンドデザイン(ASD)を消す方法

私のM4は納車直後にコーディングでASD(アクティブサウンドデザイン)をOFFにしてもらっています。

なので本当の自分の車のマフラー音を車内で聞くことができるのでバルブが開いた時の生音を聞いているとついついシフトダウン気味に走ってしまうほど気に入っています。

しかし、見た目という観点では先程も指摘したとおり・・・

  • 太鼓が丸見え
  • マフラーテールが貧弱

なことは隠しようもない事実です。

Mパフォーマンス用のマフラーテールは取り付けるのに溶接が必要になるみたいなので元へ戻すのがめんどくさいのですが、こちらの3Dデザイン製のマフラーテールであればポン付けが可能です。

ただし、お値段がお値段なので衝動買いできないまま放置状態です。

マフラーテール(マフラーカッター)が3万円/1本というのはリアルカーボン製なので特別高い訳ではないのですが、掛ける4本だと一気にテンションが下がります。

M4 F82のマフラーを太鼓が見えないマフラーに交換する?

問題のマフラーの太鼓部分が丸見えなのはこちらの写真の赤丸部分を見れば一目瞭然です。

ディフューザーがMパフォーマンス製のカーボン製なので余計にシルバーのマフラーの太鼓が目立ちます。

・・・で、M4のマフラーを交換すればこのマフラーの太鼓丸見え状態を解消できると思いますが、問題はその価格です。

まあまあなお値段するのはこちらの商品ページを見てもらえればお分かりの通りです。

ぶっちゃけ、中古の小型車1台買えるやん!的な価格のモノがほとんどですね。

それだけの費用を払っても本当に太鼓が見えなくなるのかはもう少し調べないとダメですが、調べて判明してしまうとマフラー交換したくなるので今回はここで止めておきます。

ちなみに国産メーカーのマフラーは対象にしていません。

価格的にはリーズナブルになると思いますが、現在のノーマルマフラーより確実に音量が小さくなるのでそれでは本末転倒ですからね。