実は私が一番欲しいBMW M4 CSのボディカラーがこのライムロックグレーです。実際には見たことがなかった色を私がどうして欲しいと思ったのでしょうか?

BMW M4 CSのボディーカラーから消去法

BMW M4 CSのボディーカラーは現状4色が設定されると言われています。白、メタリック系青、フローズン系青、そしてライムロックグレーです。

もし、私がBMW M4 CSの購入権を獲得できたらと仮定して、その4色から何色をオーダーするかを考えてみました。

1番無難は白です。最近のBMWではどのグレードも白が定番化しています。

しかし、せっかく手に入れた貴重なBMW M4 CSをパッと見た感じ普通のBMW M4と同じ色にしたら特別感が無くなってしまいます。

以前販売されたBMW M4 GTSでも1番人気はBMW M4 GTS専用のフローズン系のグレーです。やはり特別な車には特別な色を選びたいですよね。

次に青ですがメタリックもフローズンも恐らくBMW M4 CSの専用色か、過去にインディビジュアルで使用された色だと思います。特別な青になりますね。

しかし、私は個人的に青い車は好きではありません。一度青いミニクーパーSを購入したことがありますが、たった1年で手放しました。愛着が持てなかったのが青い車です。

なので、消去法としてライムロックグレーが残った、これが最初の選定理由です。

Nardo GrayのBMW M3セダンがカッコイイ

もう一つの理由はこのNardo Gray(ナルドグレー)のBMW M3を見てカッコイイと思っていたからです。

以前所有していたアバルト500にも同様なグレーがあり、マニアの人たちから人気の高い色になっていましたが、それに近い色です。

アバルト500に採用されていた色はこのナルドグレーよりも薄いグレーだと思いますが、あまり街中で見ない色であること、色の組み合わせでキリッっと締まったイメージになるのが人気の理由でしょうか?

私も以前からBMW M4を購入するならインディビジュアルでこのナルドグレーで発注したいと思っていました。

これが、ライムロックグレーのBMW M4 CSが欲しい理由の2つめです。

ライムロックグレーとナルドグレーの違いは何か?

正直に言うと写真ではあまり違いが明確に分からないということです。撮影環境や光の加減で見え方が変わりますので。

あえて違いをこの写真で判別するのであれば、ライムロックグレーの方が色が薄く艶がある、ナルドグレーの方はフローズン系のグレー、そんな感じでしょうか?

もし、この想像が当たっていると仮定した場合でも、私はライムロックグレーを選びます。どちらも私の好みの色ですが、できればフローズン系は避けたい。

本当にフローズン系なのであれば、手入れが非常にめんどうなことになります。自分で洗車することも嫌になるくらい手入れが大変だと聞きました。

そこまで大変でなくても艶はあった方が個人的には好みですし。

なので、ライムロックグレーのBMW M4 CSが欲しいのですが、未だにいつもお世話になっているディーラーからは購入方法についての説明はありません。

先日別件で営業さんとも話をしましたが、割当台数も、購入希望者の人数もまったく不明だということです。

なので、どちらにしても日本で60人しか購入できない車ですから、購入の可否は宝くじなみの確率だということです。

果報は寝て待て。こういう気分です。

【引用・参照記事】

Exclusive photos of the BMW M4 CS Lime Rock Grey!

BMW M3 F80 Individual Nardo Gray