昨日の午前中に私が発注したBMW M4 コンペティション (F82)がディーラーに到着したと連絡がありました。

日本に到着して約10日でディーラーに到着

BMW M4 コンペティション納車日ほぼ決定~6月2日

こちらの記事でもお伝えしたとおり、私の発注したBMW M4 コンペティション(F82)が日本に到着してから通関、納車前整備を経てやっと昨日ディーラーに到着したと営業さんから連絡がありました。

これで6月2日(土)土曜日に私に納車できるのか少し怪しいですが、ディーラーの営業さんの方ではほぼオンタイムで進んでいるとのこと。

後はディーラーで予期せぬ事態が発生しないことを祈るだけです。

Mパフォーマンスパーツなどのディーラーオプション取り付けは外注

土曜日の午前中にこの写真が届きましたので、現車を見にディーラーへ行こうかと思いましたが、納車までの日時が少ないので、スグに外注先を業者さんが引き取りに来るとのことで断念。

営業さんに確認してみると・・・

  • ボディコーティング(外注)
  • リアスモークフィルム(外注)
  • Mパフォーマンスパーツ等取り付け(外注)

ボディコーティングとスモークフィルムの取り付けを外注するのは分かりますが、MパフォーマンスのパーツはBMW純正なのでディーラーで取り付けるものだと思っていました。

しかし、営業さん曰く、「他の整備、点検業務でサービス部門が多忙。かつ、納車までの期間が短い。さらに、M4 CSのフロントスポイラーの取り付けは経験がない。」以上のことから外注することになったそうです。

まあ、これだけのディーラーオプションを取り付けるので、仕方がありませんね。

特にM4 CSのフロントスポイラーは取付実績がないということで事前に在庫の車で取り付け方を練習したそうです(笑)

なので私が発注したBMW M4 コンペティション (F82)はディーラーに到着してから、私の所に納車されるまではディーラーには車が無いということになります。

ディーラーのサービス部門は本当に忙しいんですね。

エンジンスタートボタンは赤ボタン!

赤いエンジンスタートボタンはBMW M2 コンペティション以降は標準になる?

せっかくなので内装などの仕様を確認してみると、こちらの記事で書いた通りエンジンスタートボタンはレッドボタンで納車されています(ラッキー!)

おそらく3月生産以降のBMW Mモデルはエンジンスタートボタンは全てレッドボタンで納車されると思われます。


私のBMW M4 コンペティション (F82)の最大の特徴であるカーボンルーフレスのサンルーフ付き。ちゃんと発注どおりにサンルーフが付いています。

内装もレッドレザーのコンペティション仕様の内装で納車されています。

後は本当に今後イレギュラーな事態が発生しないかを祈るしかありません。

私はもう既に舞い上がっているので今週はまったく仕事に身が入らないことが予想されます。

毎日指折り数えて土曜日を待つことになりそうです。