BMW 6シリーズ GTがEV i6 GTと復活する?(引用:Instagram「sugardesign_1」より)

最新の噂では、BMWが電動車の時代において、6シリーズ GTの電動車(EV)バージョンであるi6 GTを検討していると言われています。これは、かつて3シリーズ GTや5シリーズ GTが商業的な成功を収めなかった歴史的な背景を持つ中、新しい方向性の提案です。

過去のBMW 5シリーズGT F07、6シリーズGT G32モデルの振り返り

BMWのGTモデルは、3シリーズ GT F34がわずか7年で販売終了。

BMW 6シリーズGT G32もLCIモデルが発表されるらしい

そして、5シリーズ GTが6シリーズ GTに進化するも、BMWは2020年に6シリーズ GTを終了させました。

BMW 5シリーズGT(F07)およびBMW 6シリーズGT(G32)は、ラグジュアリーなハッチバック車モデル。

5シリーズGT F07は 7シリーズ F01セダンプラットフォームをベースにし、広々とした室内とスポーティな外観が特徴。

一方、6シリーズGT G32はその後継車で、更なる洗練されたデザインと高性能エンジンを備え、豪華な内装と先進のテクノロジーを組み合わせています。

どちらもBMWのドライビングエクスペリエンスと快適性を提供し、ハッチバックスタイルでの利便性が特長。

これらのモデルは広い室内スペースと実用的なハッチバックの開口部を提供していましたが、奇妙なプロポーションと他のBMWモデルとの競合が成功を妨げました。

新たな提案:i6 GTのレンダリング

最新の非公式レンダリングでは、BMWがi6 GTを提案しており、これはi5セダンの電動車としての派生型となります。

デザインは従来の三箱セダンのエレガンスに欠けるかもしれませんが、独特なルーフラインが興味深く、洗練された個性をもたらしています。

これは、i4 グランクーペ G26の大型版と見なすこともできます。

しかし、i4 グランクーペ G26が3シリーズセダン G20より先にEV化された背景は、3シリーズは伝統的なセダンやツーリングモデルがあり、これらは一般的に幅広い顧客層に向けられています。

一方で、4シリーズグランクーペ G26はクーペスタイルを持ちつつ、4ドア構造がセダンよりも利便性を提供します。

また、高性能でスポーティな車両は、電動モーターとの組み合わせによって印象的なパフォーマンスを発揮できます。

4シリーズグランクーペのプラットフォームは、これらのテクノロジーとパフォーマンス向上に適していると考えられることから、3シリーズセダンではなく4シリーズグランクーペを先にEV化したと考えられます。

しかし、既に5シリーズ G60にはi5セダンが存在していることを考えると、i6 GTの発売の意味を見つけるのは難しいと考えられます。

EV(電気自動車)市場での競争

提案されたi6 GTは、EV(電気自動車)市場においてどのような位置にあるのでしょうか?

BMWはi5ツーリングのワールドプレミアが数か月後に控えていることを考慮すると、i6 GTにリソースを投資するのは実現可能ではないと主張しています。

また、BMWは2025年にデビューするNeue KlasseプラットフォームでSUV(iX3、iX4)、セダン(i3)、ワゴン(i3ツーリング)を含む高生産量の製品に注力しています。

BMWはゼロエミッションの目標に向けて資金を投じており、販売が多く見込める製品に注力することで安全にプレイしています。

i6 GTはニッチな市場向けのモデルであり、同社が中国で提供している長いホイールベースのi5を含む既存の車種が既にi5セダンの広い代替案を提供しています。

最新の噂によれば、BMWはかつての6シリーズ GTを電動車として再構築し、i6 GTとして市場に投入する可能性があるようです。

しかし、市場動向やBMWの電動車戦略を考慮すると、これは成功するかどうか不透明な提案と言えるでしょう。

Reference:bmwblog.com