BMW5シリーズセダン G30のLCIモデルと思われる写真が公開されています。キドニーグリルはほぼ現状維持ですね。

BMW 5シリーズセダン G30のLCI

BMW 5シリーズ セダン G30 Mスポーツ LCI スクープ写真~キドニーグリルは大きくない

先日こちらの記事でお伝えした5シリーズセダン G30のLCIモデルの公式写真と思われるものが公開されています。

これはBMWが公式に発表した写真ではありませんが、過去の経緯から想像するとおそらくは本物の写真のリークと思われます。

5シリーズセダン G30のLCIの大きな変更点は545eと言われる6気筒エンジンベースのハイブリッドモデルが追加されることです。

5シリーズのハイブリッドモデルは4気筒エンジンベースの535eだけだったですが、今回6気筒エンジンベースのハイブリッドモデルが追加されることで、さらなる電動化へ道が広がったことになります。

ハイブリッド系以外のエンジンラインナップは基本的に変更はないと言われていますので、本当にデザイン変更がメインのLCIになっていると思われます。

BMW 5シリーズセダン G30 LCIモデルで新採用されるもの

LCIモデルの5シリーズセダン G30から新設された装備等がいくつかあると思われます。

新色ボディカラー

Aventurin Red Metallic

濃いめのワインレッドな色ですね。

Phytonic Blue Metallic

メタリックが強い水色という感じでしょうか?

BMWは昔から青系のボディカラーが豊富なイメージがありますね。

Bernina Grey Amber Effect

BMWもやっとグレー系のボディカラーを採用し始めましたね。

アウディのナルドグレーっぽい感じでしょうか?

ブレーキキャリパー(レッド)

今まで青かったM系のブレーキキャリパーに赤色が追加されたのか?ブルーと棲み分けがあるのかは不明。

Android Auto対応

これまでiPhoneのCayplayのみでしたが、Androidにも対応した模様。

今後の5シリーズセダン G30の行方は微妙か?

今回5シリーズセダン G30をLCI(マイナーチェンジ)した訳ですが、今後の5シリーズに関しては立ち位置が微妙になっていると思われます。

  • 320i M Sportのボディサイズ:4,715×1,825×1,430 価格:¥5,970,000
  • 523i M Sportのボディサイズ:4,945×1,870×1,480 価格:¥8,150,000

このように3シリーズと5シリーズのボディサイズの違いは全長で230mm、全幅で45mm、全高で50mmとそれなりにボディサイズは違いますが、全幅が1800mmを超えた3シリーズのボディサイズは一昔前の5シリーズセダンのボディサイズに近い。

つまり、3シリーズセダンでも4名乗車で我慢を強いられることがないことを意味しているので、価格差が200万円も高くなる5シリーズセダンを購入する理由が乏しくなっていると思われるからです。

元にメルセデス・ベンツも昔は売れ筋がEクラスでしたが、現在はCクラス及びAクラスが売れ筋になっていることからEクラスの存在価値が乏しくなっています。

この様にミドルサイズと言われたボディサイズの車の立ち位置が微妙になっている中で、今後どのようなポジションを与えるのか?

私達も興味深く観察していくことが大切だと思います。

*3シリーズセダンが大きくなりすぎた、ってことですね。

【引用・参照元】

2020 BMW 5 Series facelift comes with new colors and options