BMW 5シリーズ ツーリング G61 2024年 2月発表BMWは2024年に発売が予定されているBMW 5シリーズ ツーリング G61のティザー画像を公開しました。

BMW 5シリーズツーリング G61のティザー画像を公開

BMW 7シリーズセダン G70はV型12気筒エンジンを廃止し電動化へ

BMWは、新型5シリーズ G60が多くの国で販売されることを発表しました。

同じ発表の一環として、BMWは新型5シリーズツーリング G61をティーズ画像を公開しました。

BMWによれば、BMW 5シリーズツーリング G61(ICE)およびi5ツーリング G61(EV)は2024年春にワールドプレミアを迎える予定です。

私たちの情報筋によれば、2024年2月にデジタルリリースされると予想されます。

新型BMW 5シリーズのツーリング G61は、セダンと同じバリエーション展開されます。

したがって、5シリーズツーリング G61は、48ボルトのマイルドハイブリッド技術を搭載した内燃エンジン、プラグインハイブリッドシステム、および完全電動駆動を含む幅広い駆動方式オプションを提供します。

BMW 5シリーズツーリング G61とセダンとの差別化部分

BMW 5シリーズ ツーリング G61 2024年 2月発表ティーザー画像から明らかなように、新しいモデルのテールライトはセダンのものとは異なり、より小型の3シリーズツーリングに近い外観をしています。

この画像でははっきりとは分かりませんが、BMWのワゴンの特徴であるテールゲートから独立してリアガラスが開くことを期待します。

一方、フロントには驚きはありません。

BMW 5シリーズ G61(ICE)とi5ツーリング G61(EV)には、よりスリムでモダンなヘッドライトとシンプルなフェイクキドニーグリルが搭載されます。

i4やiXと同様に、グリルはブラックプラスチックパネルで置き換えられますが、iXのグリルパネルの自己修復機能(素材がポリカーボネートのコーティングにより熱で柔らかくなる特性を使って約24時間で古傷を自動修復する機能はないと予想されます。

車の側面に沿って、i4と同様のフラッシュスタイルのドアハンドルと魅力的なホフマイスターキンクが付いています。

そして、BMW i5ツーリング G61(EV)または通常の5シリーズツーリング G61(ICE)はアメリカにでは今回も導入されない見込みです。

代わりに、アメリカではBMW 5シリーズ セダン G60が提供されますが、一つ特筆すべきは、G61 5シリーズツーリングをベースにしたG99 M5ツーリングはアメリカで発売される可能性が高いと思われます。

日本ではBMW 5シリーズツーリングはどのグレードが発売されるのか?

BMW 5シリーズ G60は4気筒エンジン以外の設定はあるのか?

現在日本ではBMW 5シリーズ セダン G60は・・・

  • BMW 523i(ICE)
  • BMW i5 eDrive40(EV)
  • BMW i5 M60 xDrive(EV)

の3つがラインナップされています。

恐らくBMW 5シリーズ G60にはディーゼルエンジンは設定されない(その代わりのEV)と思われます。

アメリカでは483 HPのBMW 550e xDrive G60が発売〜日本でも発売する?

アメリカではBMW 550e xDriveが設定されますが、日本では6気筒3000cc+モーターというよりは、4気筒2000ccの530eの方が設定される可能性が高いと思われます。

よって、ガソリンエンジンは523i、ハイブリッドの530e、電気自動車のi5eDrive40とi5 M60 xDriveというラインナップになると思いますので、新型5シリーズツーリング G61に関してもセダンと同じラインナップが発売されると予想されます。

【引用・参照元】