BMWはコンセプトi4というモデルを公表しました。i3の上位モデルとしてBMWの電気自動車を牽引するモデルになる予定。また、ボディは次期4シリーズ グランクーペ G26と共用される見込みです。

BMW コンセプト i4とは?

BMW i4はテスラ3のライバルになるのか?

BMWが発表したコンセプトi4は現在販売されているi3と同様にBMWの電気自動車である「i」ブランドのシリーズになります。

BMWにはi8というハイブリッドスポーツカーも存在しますが、生産中が決まっているため事実上BMWの電気自動車としては2台目の車になります。

これまでBMW iブランドは通常のBMWとはまったく異なるボディが与えられてきましたが、今後は通常のBMWとはボディなどの部品を共有したモデルが中心になる予定。

ボディなどを共有することでコストを抑制すること、また電気自動車がもう特別な車ではないということを消費者に訴えることで販売促進につなげたいと考えます。

ちなみに、名称から想像できるようにコンセプトi4のベースモデルは次期4シリーズ グランクーペ G26だと言われています。

BMWコンセプトi4が4ドアクーペな理由

サイドからBMW コンセプトi4を見れば分かりますが、デザインは完全な4ドアクーペ風になっています。

これはまだベースモデルとして発表はされていない4シリーズ グランクーペのボディと共用されたものであり、電気自動車が特別なものではない代わりに、高級な物、非日常的な物としての演出と思われます。

そうでなければ、BMW コンセプトi4のベースモデルは3シリーズ セダンでるべきですから。

その昔、トヨタ プリウスがハリウッドスターのマイカーとして愛用されたことでステータスが上がりました。

今度はBMWの電気自動車が環境問題に関心が強いハリウッドスターの目に止まり、電気自動車としてのステータス向上を狙っているのかもしれません。

どちらにしても、BMWは今回発表したコンセプトi4に対してかなり力が入っていると思われます。

なぜなら、このBMW i4が発売されるのはまだ1年も先の話なのですから。

BMW4シリーズ グランクーペ G26はいつ発売になるのか?

BMW コンセプトi4の発売が2021年になる、ということはその前後に4シリーズ グランクーペ G26が発売されることになります。

恐らく近日中にBMWは4シリーズコンセプトの量販車種である4シリーズ クーペ G22とM3セダン G80&M4 クーペ G82を発表すると言われています。

それらのモデルの後に市場に投入されると思われる4シリーズ グランクーペ G26の発表は2020年末までには行われると思われます。

今月開催予定だったジュネーブモーターショーがコロナウイルスの影響で中止されたことから、今後のモーターショーの開催が難しくなると思われますので、どのタイミングで発表されるのかは不明。

BMW M3 G80/M4 G82とさらにM4 グランクーペ G86も3つのグレードで登場か?

個人的には4シリーズ グランクーペ G26がベースになるM4 グランクーペ G86に非常に興味を持っていることから、早々にベースモデルの4シリーズ グランクーペ G26を発表してもらい、その1年後にはMモデルも販売してくれるのを期待しています。

とりあえず、年内には4シリーズ グランクーペ G26が発表されると思いますので、それを待つことにしたいですね。

問題があるとすれば、大型化されたキドニーグリルがカッコいいのか?かっこ悪いのか?を見極めることぐらいでしょうか?

【引用・参照元】

BMW Concept i4 Previews Production Model Coming In 2021