車の盗難事件が頻発しているみたいですが、その原因の1つがリレーアタックによる盗難だと言われています。

リレーアタックとは?

リレーアタックとは?対策方法はあるのか?

車の盗難で最近耳にする言葉が「リレーアタック」です。

このリレーアタックはどういうものかはこちらの記事でも書きましたが、ザックリ言えばスマートキーから発信している微弱な電波を偽装して本物のキーとして車に認識させる方法です。

スマートキーから発信されている微弱な電波を車が受信して施錠/解錠させる訳ですが、一定の間隔を開けると微弱な電波を車は受信することができない。

しかし自宅に置かれたスマートキーからは継続して電波が発信されているので、その電波を偽装する装置を使用することで車に本物の電波と認識させることが可能です。

なので対策としては、保管中のスマートキーを電波を遮断する容器などに入れる等が効果的です。

金属製の缶の中へ入れる、アルミホイルで包むなどで対応が可能です。

BMWのスマートキー「コンフォートアクセスキー」

最近のBMW車のスマートキーはキーを持ったままで指定のドアノブ位置をタッチすると施錠/解錠できるだけではなく、キーを所持したまま車に近づくだけで施錠/解錠できるようになっています。

この新しいスマートキーは従来のスマートキーよりも遠い場所にキーが近づいただけで施錠/解錠できるのですから電波の届く距離が遠くなったことを意味します。

つまり従来よりも少し強力な微弱な電波をスマートキーが発信しているということです。

先程のリレーアタックの方法から考えると微弱な電波が少し強くなった=屋外に電波が届きやすくなった=リレーアタックされる確率がUPしたのでは?と考えるのが普通です。

しかし、実際には新しいスマートキーはキー本体にモーションセンサーが内装されているので、キーが移動した状態でのみ電波が発信される仕組みになっています。

なので、一定期間(概ね2分程度)キーが移動していない状態で自動的にキーは電波の発信を止めるため、従来のスマートキーよりも安全である、というのがBMWの見解です。

それでも気になる方はリレーアタック防止グッズを使ってみる

それでもリレーアタックが気になる方は市販されているリレーアタックグッズを試してみるのが良いと思います。

キーケース型や小物入れ型など種類も多いので好みのグッズを選ぶことができます。

または自宅に使っていない金属製のお弁当箱などがあればそれで代用することも可能です。

その際には必ず蓋が金属製であり、かつ蓋を閉めることが可能なものを利用してください。

金属の箱の中にスマートキーを入れることで電波を遮断しなければイケませんから、蓋が閉まっていないと意味がありませんからね。

【引用・参照元】