2024年発売のBMW M4 CS G82の生産台数は約2,000台BMW M社が2024年に発売予定のBMW M4 CS G82は、ユーザーに驚きと興奮をもたらすことが期待されています。

BMW M4 CS G82のパフォーマンス

BMW M4 CS G82 ボディカラー:限定車両の美しさと性能を探る

BMW M4 CS G82は、Mシリーズの伝統を引き継ぎつつも、より一層の進化を遂げたハイパフォーマンスクーペです。

2024年の注目モデルとして投入されるこの車両は、M4 Competitionよりも大きな出力と軽量化を実現するため、期待を一身に集めています。

ツインターボ直列6気筒エンジンが生み出す543 hpと650 Nmのトルクは、スリリングなドライビング体験を約束します。

BMW M4 CS G82も限定生産

BMW M4 CS G82は、BMW M3 CS G80 セダンに続く限定生産モデルであり、製造台数はわずか約2,000台とされています。

この希少性が、所有者にとって特別感と投資価値を提供することでしょう。

生産は2024年7月から2025年6月までの約11か月間にわたり、一度逃すと再び手に入れるのは難しいかもしれません。

日本での販売は、過去の慣例からWEBにより募集、抽選での販売になると思われます。

よって、これまでお付き合いのあるBMWディーラーでも販売や車両価格、スペックなどの詳細は私達と同様に直前まで公開されないことが予想されます。

ただし、BMWの過去の抽選は完全なクローズドの状態で行われていることから、公平性、透明性などの点で疑問が残ります。

過去日本ではホンダ NSXやニッサン GTRの抽選をYoutubeなどでLIVE配信していたことを考えると、マーケティングの観点からもオープンな状態で行われることを期待しています。

BMW M4 CS G82の特別なデザインとカラーオプション

2024年 BMW M4 G82/M3 G80 /M3ツーリング G81 LCIモデルが発売開始

BMW M4 CS G82は、新しいLCI(マイナーチェンジ)のタイミングで販売が開始されると思われます。

これにより、先進的なデザインが特徴で、特にヘッドライトがより鋭くなりました。

スパイショットから判明した情報によれば、BMW M4 G82(通常モデル)の LCIは従来のレーザーテクノロジーではなく、最新のマトリックスLEDセットアップを採用しています。

また、BMW M4 CS G82は特別な青いボディカラーが提供される予定です。

  • Laguna Seca
  • Riviera Blue
  • Mexico Blue
  • Daytona Beach Blue

が候補として挙げられています。

他にも、白(アルピンホワイト)と灰色(ブルックリングレー?)のカラーオプションも予想されています。

BMW M4 CS G82の特徴と魅力

BMW M4 CS G82は、驚異的なパフォーマンスだけでなく、高級感あふれる内装と最新のテクノロジーも備えています。

快適性と操縦性のバランスが取れた内装は、ドライバーと乗員に快適なドライビング体験を提供します。

世界限定1500台のBMWM3 CS G80の試乗記

基本的な装備やスペックは先に販売されているBMW M3 CS G80と同様になります。

よって、BMW M4 CSL G82の様な完全な2シーターモデルであったり、ロールバーが装備されることもありません。

よって、BMW M4 CSL G82のような激しい軽量化も行われていませんが、通常モデルのBMW M4 コンペティション xDriveよりは軽量化&パワーアップされて販売されます。

2024年発売のBMW M4 CS G82は、限定生産の希少性と優れたパフォーマンスで注目を集めることになります。

その洗練されたデザインと先進的なテクノロジーが組み合わさり、ユーザーにとって非常に魅力的な選択肢となることは間違いありません。

生産台数が約2,000台という限られた数であるため、購入を検討する際は早めの行動が求められます。

やっぱり出た!BMW M3ツーリング CS G81 2025年発売~世界限定2000台

ただし、2025年にはBMW M3ツーリング G81にもBMW M3ツーリング CS G81が発売されることがほぼ確定していますので、どちらを購入するのか?はかなり悩むことになりそうです。

Reference:bmwblog.com