今回で2回目ですが岡山県笠岡市にある笠岡ふれあい空港でゼロヨン大会に参加してきました。

笠岡ふれあい空港ゼロヨン大会

岡山県笠岡ふれあい空港でゼロヨン大会に参加

前回初めて笠岡ふれあい空港にて開催されたゼロヨン大会に参加しましたが、2回目の開催がありましたので今回も参加してみました。

今回は2回目の参加ということでスピードにも慣れてきましたのでもう少しアクセルを踏み込めそうです(笑)

ただし、この笠岡ふれあい空港をゼロヨン大会で借りれる大きさは全長600m程度の滑走路です。

ゼロヨンで400m走りきったら残りの200mほどで停止しなければ畑にダイブします。。。

なので前回は最後までアクセルを踏み込むことができず消化不良な感じでしたが、今回はかなり慣れてきましたので最後までアクセル全開できました。

今回のゼロヨン大会はタイム計測ができませんが、ゴール通過時点で私の場合だと時速190キロ程度で走っていましたのでそこからのフルブレーキングはかなりドキドキものです。

ゼロヨン大会って意外と盛り上がります

実際に走る滑走路はこんな感じです。

写真の奥側から手前に走ってくるのですが、写真だとスタート地点もあまり見えませんね。

しかし、ここをアクセル全開で走るとあっという間にゴールですから、車ってすごく早く走りますね(当たり前か)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ALLZU Motorenbauさん(@allzu_motorenbau)がシェアした投稿


写真だと雰囲気が伝わらないので、主催者のショップの方が撮影した動画で雰囲気を味わってください。

ちなみに、動画に登場しているM4はフルチューン500馬力仕様。

撮影者が乗っている車はM2 コンペティション(マフラー交換のみ)の車です。

このように2台同時スタートで走るのが基本なのでスペックが近い車だとかなり接戦になるので、運転している方も観戦している方も盛り上がります。

ちなみに、私はM2 コンペティションの方と2本ご一緒させていただきましたが、1本目は2mぐらい離されてゴール、2本目は私が気負いすぎて若干フライング気味にスタートしてほぼ互角な感じでした。

お相手のM2コンペティションはマフラー交換のみほぼノーマル状態ですが、車両が軽い分ゼロヨンだとM4 コンペティションでも勝てませんね。

ひょっとしたら、私の技術の問題かもしれませんが。。。

笠岡ふれあい空港まで連なって走るのも楽しい

私は中国道宝塚インターチェンジから山陽道経由で笠岡まで向かいましたが、山陽道の途中から皆さんと合流してコンボイ状態で走行しました。

一応、先頭の車は主催者のショップの車なので安全運転での走行です。

とは言え、今回の参加車両はM2、M4、Z3、640i グランクーペ、MINIなどBMWファミリーで20台近く連なって走っていましたので皆さん道を空けてくれます(笑)

丁度笠岡ふれあい空港付近の信号待ちでのショットですが、こんな感じで走っていますので、道を空けたくなる気持ちも分かるような(笑)

まあまあ、壮観な眺めです。

ゼロヨン大会自体も盛り上がって楽しかったですが、こんな風に連なって走るのも楽しいですね。

また、このようなイベントがある際には参加してみたいと思います。

【おまけ動画】

主催者のショップのデモカーM2 コンペティション+アイゼンマン・マフラー。

スタートの瞬間動画ですが結構カッコよく撮影されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ALLZU Motorenbauさん(@allzu_motorenbau)がシェアした投稿