現在BMWではM3セダン CS G80を開発中ですが、新たにM4クーペ CS G82の発売の可能性があるようです。

BMW M3セダン CS G80とは?

BMW M3 CS G80のフロントデザインはM4 CSL G82と同じらしい

現在BMWではM3セダン G80の上位モデルとしてM3セダン CS G80の開発が行われています。

最近のBMW Mモデルにはグレード名の最後にCS、CSLなどの表記がある上位グレードを発売することが多くなりましたが、ベースグレード、CS、CSLの違いはどの程度なのでしょうか?

基本的にはベースグレードから重量などを軽減し、エンジン出力を向上させる度合いによって各グレードの差別化が行われています。

よって現在開発中のBMW M3セダン CS G80はベースグレードであるBMW M3セダン M xDrive G80の重量を軽減し、エンジン出力を向上させたモデルということになります。

これが先日発売されたBMW M4クーペ CSL G82になると実用性、快適性をほぼ解消しより軽量化が進められると共に、エンジン出力のさらなる向上を目指すモデルになります。

現在開発が進められているBMW M3セダン CS G80は実用性、快適性の部分を残しつつもベースグレードよりは軽量化され、かつエンジン出力が向上されたモデルということになります。

BMW M4クーペ CS G82の開発及び販売に言及

BMW M の CEO である Frank Van Meel との最近のインタビューで以下のような発言を行っています。

「私たちは過去に M3 CS と M4 CS を持っていました。私たちは常にこの定期的な大会 CS と CSL レターを持っていると言いました」

「そして、現在(M4のラインナップに)CSはありませんので、まだ余裕があります。」

(Google翻訳による翻訳)

要するに、先代のM3セダン F80、M4クーペ F82にはCSモデルが設定されていました。

そして現行型のM3セダン G80、M4クーペ G82にはCSは設定されていないので、それを開発することは可能。

という趣旨の発言を行っていると思われます。

その言葉通り現在BMW M3セダン CS G80は開発段階に入っていることを考えると、BMW M4クーペ G82にもCSモデルを設定することは容易に可能であると思われます。

BMW M4クーペ CS G82はどのようなモデルになるのか?

BMW M3 CS G80はBMW M4 CSL G82とどこが違うのか?

今回開発、販売が予言されたBMW M4クーペ CS G82はどのような仕様で発売されるのでしょうか?

同じCSという名を持つBMW M3セダン CS G80と同様な仕様で発売される可能性が高いと思われます。

まずベースグレードはAWD仕様のM xDeriveになると思われますので、駆動方式はAWD、そしてトランスミッションは8速AT仕様になると思われます。

また装備面に関しても一番の重量物である後部座席は取り除かれることはなく、従来の3名乗車が可能なベンチシート型、または2名乗車に限定するバケットシート型になると思われます。

インテリアはレザーよりもアルカンターラが多様される仕様にすることで軽量化とレーシーな雰囲気を演出することになると思います。

BMW4シリーズ(G22/G23/G26)へ湾曲ディスプレイのiDrive8がついに搭載

既にBMW 3シリーズ G20のLCIにおいてiDrive8が搭載されており、今後4シリーズにもiDrive8が搭載されることが決まっていますので、BMW M4クーペ CS G82にもiDrive8が搭載され大型のカーブドディスプレイが装備されることになりそうです。

このことからBMW M4クーペ CS G82が発売されるのは早くても4シリーズにiDrive8が搭載される2023年3月以降になると思われますので、2023年の後半にも発売が開始される可能性はあると思われます。

【引用・参照元】