新型BMW 1シリーズ F40のリアルなCGが公表されました。

新型BMW 1シリーズ F40はBMW X2テイストなデザイン?

先日私の記事で新型BMW 1シリーズ F40のデザインについて批判的な意見をお伝えしましたが、今回公表された非公式なCGでは私が心配していたような要素は払拭されていると思われます。

もちろん、非公式なCGですからこれが確定したデザインではないですが、公式な公表時期が近づいてくるうちに、実際の車のデザインに近づいていくことは周知の事実です。

私がこのCGを見て一番最初に思ったのはデザインのテイストがX2に近いなあ、という点。

フロントバンパーの下部の絞り込み具合やリアのルーフラインがX2を想像させると感じました。

X1と違いX2はクーペというかSUVとは違うテイストの車ですから、ハッチバック車とデザインが似ているのも納得ですね。

今回公表されている新型BMW 1シリーズ F40はリアのエンブレムを見る限り118iというエンブレが取り付けられていることからMスポーツ仕様を想定したデザインと思われます。

そう考えるとフロントバンパーの造形などはベースモデルの場合はもう少しおとなしいデザインになると思われます。

また、サイズ感は現行のF20型と比べて全長が少し長くなるとの予想ですので、FF化と合わせて室内スペースが大幅に向上していると思われます。

新型BMW 1シリーズF40のエンジンラインナップ

今回のスクープ記事に記載されているエンジンラインナップは既報のラインナップと基本的には同じです。

現在BMWではエンジンのラインアップが集約されているので、どのモデルでも同じエンジンが使いまわしされていることが多いので、予想しやすいは当然です。

  • M135i:2000cc4気筒ターボエンジン/xDrive
  • 118i:1500cc3気筒ターボエンジン/FF
  • 12od:2000cc4気筒ディーゼルターボエンジン/FF
  • 118d:2000cc4気筒ディーゼルターボエンジン/FF
  • 116d:1500cc4気筒ディーゼルターボエンジン/FF

最近のBMWのエンジンラインナップはディーゼルエンジンに比重が高まっている傾向にあります。

もちろん、全てのディーゼルエンジンが日本に導入されるとは思いませんが、上記の上から3つぐらいが日本には導入されると思われます。

またトランスミッションも本国では6速MTが用意されますが、日本ではM135i以外は全て7速or8速ATが導入される模様。

最近のBMWはMT車の販売には消極的な態度をとっていますのでひょっとするとM135iもATのみの設定になるかもしれません。

BMW 1シリーズとBMW MINIとの関係

BMW 1シリーズがFF化されたことで直接期なライバル関係となるBMW MINIですが、価格的な面で考えると当然BMWの方が高額な設定になります。

この価格差はBMWとBMW MINIのブランド力の差ということであり、基本的な装備、性能に関しては同じです。

よって、実売価格は販売直後以降はどんどんBMW MINIに近づくことが予想されますので、M135iなどの特別なグレードを購入しないのであれば、あとは好みの問題ということになります。

個人的には現在のBMW MINIであれば、価格差が許容範囲であればBMW 1シリーズの購入をおすすめします。

BMW MINIは確かに構成的で魅力的な車ですが、個性が購入者の範囲を狭めてしまい、よりコンサバな仕様のBMWの方が万人受けするモデルです。

また、BMW MINIもモデル末期に近づいていくことも合わせて新型BMW 1シリーズ F40の方が魅力的な車と言えそうです。

ただし、すべての判断は新型BMW 1シリーズ F40の登場を待ってからしか決めれませんが。

【引用・参照元】

Nuova BMW Serie 1 2019, arriva il 2.0 da 306 CV (VIDEO)