なぜか日本のアウディTTにはセンターアームレストが標準では装備されません。現在はオプションで選べますが当初はオプションすら無かったのか?なので、本国仕様のセンターアームレストを取り付けてもらいました。

レカロ・クロススポーツスターリミテッドエディションと同時装着

先日ショップの店長にうまく言いくるめられて(笑)購入したレカロ・クロススポーツスターリミテッドエディション(イエローバージョン)を取り付ける際に本国仕様のセンターアームレストも取り付けてもらいました。

ご覧のように2015年8月登録の私のアウディTT ロードスター(8S)にはセンターアームレストがありません。

他にも同年式の中古車を見ましたがセンターアームレストが付いている車両は発見出来ませんでした。

現在は新車発注時にオプションでセンターアームレストは装着可能のようですが、当時は設定すら無かったにおでしょうか?

ATまたはMTでもセンターアームレストは左上の置き場所としては無くてはならないものなので、これだけはレカロシートを諦めても取り付けるつもり満々でした(笑)

アバルトの時もMTなのにセンターアームレスト付けてましたので。

今回せっかくレカロ・クロススポーツスターリミテッドエディションを購入、取り付けすることになりましたので、一緒にいつものショップで取り付けていただきました。

なぜか日本ではセンターアームレストは手配できない?

いつもBMW 640i グランクーペでお世話になっているショップなので、アウディTTのことは良くわからない。

付き合いのあるアウディディーラーに問合せもしてもらいましたが、取り寄せる部品の本番が分からない。

ディーラーで品番が分からない、過去に取り付けたことがない部品、ということで困ったいたところ、やはりたどり着いたのは私が参考にしていたランナウェイさんのホームページ。

結局はここでしか表立って本国仕様のアウディTT用のアームレストを取り付け、販売しているところはないようです。

そこで、行きつけのショップさんからランナウェイさんに依頼して、アウディTT用の本国仕様のアームレストを取り寄せてもらうことになりました。

確かに、ショップに届いたアウディTTの本国仕様のアームレストの箱にはドイツのシールが貼ってありました。

やはり、日本ではアウディTTのセンターアームレストは手配できない、ということなんでしょう。

実際に本国仕様のセンターアームレストを取り付けた感想は・・・

このアウディTT(8S)の本国仕様のセンターアームレストは写真のように高さが調整できます。

一番上が標準(一番低い)の状態、真ん中が二段目、一番下が三段目(一番高い)状態です。

ぶっちゃけ、一番下だと下過ぎてアームレストとしては使いにくいので二段目か三段目の高さで使用することになります。

私は身長180cmなので最初は三段目(一番高い)の高さで使用していましたが、写真のように傾斜がきつくなり腕を置いても滑って落ちてしまいます。

なんとも収まり具合が悪い感じです。

最近は二段目の高さで使用していますが。ほぼ水平なので腕の置き場としては良いのですが、どうしても位置が低い。

レカロシートでローポジションシートレールでこの状態なので、ノーマルのシートだともっと低く感じると思います。

こんな感じのアームレスト用のクッション(パッド)を購入しようと物色中です。

慣れてしまえば、不要かもしれませんので、もう少し様子を見て考えたいと思います。

っていうか、最初からこの手のアームレスト用のクッション(パッド)の大きめなモノを購入すればこんな高額なセンターアームレストを購入する必要は無かったかもしれません(汗)