アウディTTロードスターが納車される前に決めておかないことがあります。そのうちのひとつが車高調。3.7万キロも走行していますので足回りはリフレッシュしたいところです。

アウディTTロードスター(8S)対応の車高調は3種類のみ

アウディTTロードスター(8S)が発売されてから約2年が経過しているにも関わらず、対応している車高調が少ないのが意外です。

先代のアウディTT(8J)に対応している車高調は種類も多いのですが、なぜか8Sに対応している車高調は3種類だけ。これってアウディTT(8S)が売れていないってこと?

それともアウディTT(8S)に乗る人はローダウンしないってこと?

理由は分かりませんがアウディTTロードスター(8S)に対応している車高調は・・・

・ビルシュタイン
・KW(カーヴェー)
・RS-R(なぜ?)

この3メーカーからしか発売されていません。

本命はKW(カーヴェー)だが価格はRSーRが安い

本命はKW(カーヴェー)です。私のBMW 640i グランクーペもKW(カーヴェー)ver.3です。あの大きく思いボディに21インチのホイールを履かせているのに乗り心地は快適。

セッティングさえできれば乗り心地が一番良い仕様になるのは分かっているのですが、問題は価格です。定価で36万円オーバーです。ホイールを購入する予算が無くなってしまいます。

ビルシュタインB16も車高調としては定番ですが、KW(カーヴェー)同様に価格が高い。定価で37万円ぐらい。

あとビルシュタインはKW(カーヴェー)と比べると相対的に固めの足なので乗り心地重視な私にはちょっと不似合い。

なぜか大手サスペンションメーカーに割って入ってきたのがRS-R。RS-Rって国産車の峠族な方々の御用達だと思っていましたが、なぜかアウディTTロードスター(8S)用の車高調を用意している。

RS-Rの一番のメリットは価格。KW(カーヴェー)Ver.3やビルシュタインB16同様に減衰力調整が可能で定価が20万円以下!

国産車の峠族さんのイメージがあるのでどうしても硬めの足のイメージがあるのが難点。

実際取り付けた方々のレビューも拝見しましたがイマイチどうなのか不明です。

減衰力調整が可能な車高調を考えればこのぐらいの価格にはなることは分かっていましたが、やっぱりそれなりに高いんですよねえ。

最終手段はローダウンスプリング(H&R)

最終的にはH&Rのローダウンスプリングでごまかすしかありません。これなら数万円の出費で済むのでお財布に優しいですが、どんな乗り心地になるかは不明。

昔知人がローダウンスプリングを入れている車に乗っていましたが、ショックとスプリングがチグハグに動いて乗り心地以前の問題があったと記憶しています。

しかし、結構みなさんローダウンスプリングで済ませている方が多いのをみると、最近はそんなことは無いのでしょうか?

最後は何に予算を重点的に振り分けるのか?

ある程度決まった予算の中でカスタマイズを行うのであれば、どこに重点的に予算を振り分けるかが重要です。

私の個人的な感覚で言えば・・・

1.サスペンション
2.タイヤ
3.ホイール

優先順位としてはこの順番になります。ホイールも軽くてデザインがカッコイイものが理想です。中古で鍛造のものを見つけてくるのが一番お得です。

しかし、ホイールも物色していますがアウディTTロードスター(8S)のサイズに合いそうな19インチがなかなか中古では見つかりません。

今回はペガサスイエローのボディなのでホイールはブラックと決めています。そうなると益々中古では見つかりません。

新品のホイールでサスペンションを妥協するか?ホイールを鋳造で安めに抑えてサスペンションはKW(カーヴェー)にするのか?

もう少し悩みが続きそうです。