先日の夢の3台持ち体制に移行できないか?を真剣に考えましたが、その中で一番気になるモデルがアウディTTロードスターです。まだBMW MINI ロードスターを購入して半年しかたっていないのにです・・・。

なぜアウディTTロードスターが気になるのか?

BMW MINI ロードスターでオープンカーの楽しさを知ってしまった私が、アウディTTロードスターに興味を持ってしまった結果、BMW MINI ロードスターの不満に気づいてしまったことが原因です。

不満1:チープさ

BMW MINI ロードスターは運転して楽しい車です。しかし、BMW640iグランクーペという高価な車に慣れたせいでBMW MINI ロードスターのチープな部分が気になります。

特に内装に関してはアウディTTロードスターと比べると質感がまったく違います。また技術的な部分もバーチャルコクピットに代表されるように、新しいもの好きな私にはとても気になる部分でもあります。

価格帯が違う車を比べるのはナンセンスなんですが、価値観が変わったというしかありません。

不満2:MT車

そもそもBMW MINI ロードスターを購入するキッカケはオープンカー+MT車という条件を満たしていたから。

MT車を運転するのは楽しいのですが先日千里浜なぎさドライブウェイにドライブした際に思ったのはMTの長距離ドライブは疲れるということ。

これは私が年を取ったことが原因だと思いますがボディサイズが小さいことも重なり、長距離ドライブには不向きだと気づきました。

せっかくのオープンカーで長距離ドライブができないのは非常に悲しい出来事です。

アウディTTロードスターの新車を見積もりシミュレーション

車両本体価格が607万円にこれだけは必要だと思われるオプションをチョイスした結果、オプション代金が約127万円。

車両本体価格+オプション代金の合計が約730万円にもなってしまいました。

プライベートな車なので当然自腹で購入しますので、ちょっと衝動買いできる金額ではないことを実感。

残価設定ローンも検討しましたがアウディの場合は3年後の残価設定が車両本体価格の40%という低い設定なのであまりお得感を感じません。

実際に3年後に売却すれば車両本体価格の40%以上の価格になることは確実ですが、それだと残価設定ローンで購入する意味が薄れます。

アウディTTロードスターの中古車価格を調べる

アウディTTロードスターという車はやはり販売台数が少ない車なのであまり中古車市場には出回っていません。一番初期の2015年モデルで過走行(といっても3万キロ~4万キロ)の車で300万円中盤から後半。

2016年で1万キロ未満の車両だと一気に400万円後半から500万円台にアップします。

まだ相場が形成されていない状態ですから何とも言えないですが、想像以上に安い!残価設定ローンの残価設定が40%なのはこれが理由ですね。

アウディTTロードスターという希少なモデルでもリセールバリューは高くない。

しかし、装備を見るとSラインというオプションを装着している車は価格が高めで、ノーマルが安めである傾向だということが分かりました。

アウディを購入するならこのSライン(BMWだとMスポーツ)は必須のオプションだと思いますので、Sラインが装備されているアウディTTロードスターで過走行気味の車両を探すのが一番オトクな気がします。

過走行と言っても3万キロ程度ですし、3年落ち以内ならメーカー保証も付きますのであまり気になりません。

ただし、アウディ認定中古車は価格が高いのでできれば、非ディーラー系の中古車店で購入したいと思います。整備やカスタマイズはフォルクスワーゲン&アウディに強いショップが近所にあるのでそちらにお願いできますから。

当然中古車との出会いはご縁の問題なので当分はBMW MINI ロードスターに乗っていますが、ペガサスイエローのアウディTTロードスターSラインの格安な車に巡り合えたら一気に乗り換えモードになりそうです。