MacBook Air 2018を購入したのは良かったですが、USBがUSBタイプCに変更されているのでiPhoneの充電もできないし、モバイルwifiルーターの充電もできないので困っています。

USBタイプC変換アダプターが無いと何もできない

MacBook Air 2018 Retinaディスプレイ購入、開封の儀

この度MacBook Air 2018へパソコンを買い替えた訳ですが、購入前から知ってはいましたがUSB端子がUSBタイプCが2つだけというのはなかなかに不便。

この記事も喫茶店で書いていますがモバイルwifiルーターの充電ができない、iPhoneの充電ができない、できるのはMacBook Air 2018専用のACアダプターでMacBook Air 2018本体の充電だけ。

これでは流石に何をするにも困ってしまうので何かの対応策を考えないと駄目ですね。

最近のMacBook Air 2018やMacBook Proへパソコンを買い替えた人たちは同様の悩みを持たれているようで、その対策を考えてみました。

MacBook Air 2018専用の万能USBハブが人気みたい

MacBook Air 2018や最新のMacBook Proに対応するこちらのSatechi Type-C アルミニウム Proハブが一番人気のようです。

正直万能さは他にも同様なMacBook Air 2018対応のUSBハブはたくさん販売されています。

しかし、このSatechi Type-C アルミニウム ProハブはMacBook Air 2018へ直に差し込むことでパソコン本体との一体感が半端なくMacBook Air 2018にマッチしている点。

お仕事でMacBook Air 2018を使用されるのであればSDカードリーダーやプロジェクターへの接続などに非常に便利ですね。

しかし、私のようにiPhoneやモバイルwifiルーターの充電程度の使用であればここまで本格的なUSBハブは価格面も考えても不要ですね。

AUKEY USB C to USB A変換アダプター(2個セット)

しかし、私のようにSDリーダーもプロジェクターへの接続も考えなくても良い人はUSBタイプCからUSBへ変換できるアダプターがあれば十分です。

特にこのAUKEYのUSBタイプCからUSBへの変換アダプターは2個セットがありますのでお得に購入可能です。

元々MacBook Air 2018には2つのUSBタイプC端子しかありませんから、このAUKEYのUSBタイプCからUSBへの変換アダプターの2個セットを購入すれば今まで使用してきたライトニングケーブルでiPhoneも充電できます。

また、2つ同時に使用しても干渉することなく使用できますので安心です。

私がパソコンにつないで使用するものなんてこの3つぐらいです。

  • iPhone充電用のライトニングケーブル
  • モバイルwifiルーター充電用のマイクロUSBケーブル
  • USBメモリー

この3つを同時に使用することもほぼないので、充電しながら空いているUSBタイプC端子で何かを接続するのであれば極端に言えば変換アダプターも1個で良いのですが非常用に2個あると便利です。

USBハブもかっこよくて欲しいところですが持ち運びの面や価格を考えるとAUKEYのUSBタイプCからUSBへの変換アダプターの2個セットで十分だと思います。