MacBook Air 2018を購入してから必要なものを順番に購入していますが、最後に購入予定だったモニターの保護フィルムをどうしたものかと思案中です。

MacBook Air 2018専用のモニター保護フィルムはまだ種類が少ない

このようにMacBook Air 2108のモニター保護フィルムはいくつかのメーカーから発売されていますが、iPhoneなどのスマホと比べると絶対的に少ない印象です。

また、旧MacBook Airの場合は発売から数年経過しているからか、数多くのメーカーからモニター保護フィルムが発売されています。

なぜ、MacBook Air 2018のモニター保護フィルムが種類が少ないのか?

  • 発売してから期間が短い
  • 人気がない(売れていない)
  • そもそも需要がない

考えられる理由としては思いつくところ、こんなところが想像できますが、個人的にはイマイチ納得性がありません。

MacBook Proにはモニター保護フィルムは貼ってはいけないらしい

MacBook Air 2018のモニター保護フィルムを探していろいろなサイトを調べてみると下記のような記載があるサイトを複数発見しました。

MacBook Proに保護フィルムを貼ると画面を圧迫しちゃうようなんです。

なぜならMacBook Proはたたんだときに画面とキーボードの間隔がほとんどなく、保護フィルムを貼っていると画面がキーボードにぶつかっちゃうからなんだとか。

これによりスクリーンを圧迫し傷つけちゃうことがあるので、基本的にMacBook Proでは保護フィルムはNGなんです。

(引用:ゴダラボより)

代表時なサイトとしてこちらのサイトをご紹介しますが、他にも複数のサイトでMacBook Proにはモニター保護フィルムを貼ってはいけないという記事がありました。

中にはモニターの不具合でアップルのサポートセンターへ問い合わせした際にはモニター保護フィルムの装着の有無を確認された、との記載も見受けられます。

確かに、アップルストアなどで見るMacBook Proのモニター面はベゼルと一体型のフラットな作りになっているので、モニターを閉じた状態ではキーボードとの隙間が少ないと思われます。

そのため、モニターに負荷がかかりモニター不良の原因になるのであればわざわざ故障されるために保護フィルムを貼っていることになります。

MacBook Air 2018にはモニター保護フィルムは必要なのか?

旧MacBook Airはモニターとベゼルが別体であり、そこには明確な段差が生じていたためモニターに保護フィルムを貼り付けてもモニターを圧迫することは少なかったと思います。

しかし、MacBook Air 2018は基本的にはMacBook Proと同様にモニターとベゼルが一体で段差がない仕様になっています。

このことから、MacBook Air 2018にもモニター保護フィルムを貼るのはモニターを閉じた状態でキーボードから圧力がかかる可能性が高いため、MacBook Pro同様にモニター保護フィルムを貼るのは避けた方が良いのでは?と思っています。

もし、これが本当ならMacBook Air 2018のモニター保護フィルムがあまり販売されていない理由も納得がいきますので。

MacBook AirやMacBook Proは性能の良さと共にデザインが良いことも人気の一つですが、そのためきれいに傷一つ無い状態で使用したいと思うユーザーは多いです。

なので、iPhoneなどと同様に液晶やモニターに保護フィルムを貼ることを検討される方はよく検討されることをおすすめします。

ちなみに、私は当面MacBook Air 2018へはモニター保護フィルムを貼るのは見合わせています。

その代わりにモニターのクリーニングキットを購入。これを使ってメガネ拭きで拭き取るとモニターは手軽にきれいに掃除できます!