私は基本的にはトランクの中にはモノを入れない主義ですが、ビニール傘だけは念のため常備しています。なのでトランクの中でビニール傘を固定するカーゴネットを探してみました。

アウディ純正のカーゴネットは価格が高い

アウディTT ロードスター(8S)を購入した際にカーゴネットが付属していませんでした。

基本的には不要なのですが常備しているビニール傘がトランクで暴れるのがイヤなのでカーゴネットが欲しい。

ビニール傘だけではなくちょっとした荷物をトランクに入れざるを得ないロードスターだからこそ、カーゴネットは意外と使いみちが多いです。

しかし、アウディTT ロードスター(8S)のカタログにはカーゴネットの記載がありません。

そこでいろいろ調べてみるとアウディA3やフォルクスワーゲン・ゴルフと共用かと思いましたが、どうもアウディA6アヴァントと共用であるあることが分かりました。

アウディTT ロードスター(8S)のトランクは想定以上に大きいのは理解できますが、アウディA6アヴァントまでは大きくないと思うのですが不思議です。

となると価格もそれなり高額(定価2~3万円ぐらい)なようですから代用品を探してみました。

汎用品のカーゴネットは種類が豊富で価格も手頃

まずはアウディTT ロードスター(8S)のトランクルームにあるカーゴネットのフック間のサイズをざっくり採寸。

ざっくり幅80cm、縦70cmぐらいのサイズで汎用品のカーゴネットを探してみます。

こちらのサイズだと縦が10cmほど短いですが、伸縮性が高く10cm程度は伸びるとの記載があり、かつ他に近しいサイズのカーゴネットが見つからなかったので早速購入してみました。

【教訓】汎用品のカーゴネットは小さめを買う

実際に購入したカーゴネットをトランクに取り付けた写真がこちら。幅、縦ともに余裕で取り付けできました。

と、言うかもう少しテンションが高い方が荷物の固定には良いと思いますが結構テンションが低い、ゆるゆるです。

一応ビニール傘はトランクの中で暴れることなおとなしくしていますが、ワインディング・ロードで走った時はどうなることやら。

今回の汎用のカーゴネットには別途延長用フックも付属していましたので、実際に採寸したサイズよりも10cm以上短い方が荷物を適度に固定できるh「張り」があって良いと思います。

まあ、純正のカーゴネットに比べて1/10以下の価格で購入していますので、当分はこちらを使い続ける予定です。