iPhone7/7 Plus クリスマスレッド(出典元:http://iphone-mania.jp/news-137551/)

こんにちは、社長です。iPhoneのボディの色は昔から白と黒しか無かったんですが、いつの間にか、金、ピンク、黒は艶ありと艶なしの2種類があったりと、昔では考えられないぐらいボディの色が増えました。

なぜ、iPhoneのカラーバリエーションが増えたのか?

これはマーケティング的には王道な方法ですが、1つの商品でカラーバリエーションを増やすことでそれぞれ好みの色を購入することが可能になり、購買意欲を高めることが出来るため、総販売台数を増やすことが出来るからです。

昔、任天堂から発売されていたゲームボーイもいつのまにか何色もの色が販売されたことで販売台数を増やすことが出来たのと同じ現象です。(ゲームボーイというのは、今の任天堂DSの祖先になるポータブルゲーム機のこと)

iPhoneもスペック的には毎回モデルチェンジをする度にアップしていくことが出来ましたが、以前ほどの劇的な性能アップが見込めなくなってきました。

またデザインもあまり変化をさせることが出来なくなってきたこともあり、カラーバリエーションを増やすことで、モデルチェンジしたことをアピールし、販売台数を増やすことが出来たのは有名な話です。

なぜ、クリスマスレッドなのか?

現在のiPhoneのの主な半台数が多い国はアメリカ、日本、中国です。特に中国は人口が半端なく多いので、どうしても中国で売りやすいものを作る必要があります。

それが「赤」なんです。「赤」は中国でも縁起の良い色として好まれる傾向にあるようです。現在iPhoneのカラーバリエーションに「金」が加わったのも中国での販売増を狙ったものだと言われています。

色を変えることはそんなに難しいことではありませんから、販売増の施策としては費用対効果が高い施策です。故に、iPhoneのカラーバリエーションが増えた理由は中国での販売増を狙った結果ということが言えると思います。

しかし、クリスマスレッドの企画はボツに・・・

最終的にはこのクリスマスレッドの企画自体は既にアップル社ではボツになったそうです。理由は定かではありませんが、現在iPhone7/7Plusの販売が予想を覆す程に好調なのでそこまでの施策は不要になったかもしれません。

または、次期型のiPhone7s(8)の目玉にとっておくということも考えられます。まあ、ジェットブラックがあれだけ人気になったのでわざわざコストをかけてカラーバリエーションを追加する必要がなくなったのかもしれません。

それでも、クリスマスレッド的な「赤」のiPhoneが欲しいという方は、ラッピングするという方法があります。

イヤイヤ、これは難しいという方は、こちらのように専用のスキンシールという商品もありますので、こちらの方がカット済みですので貼り付けるだけでOKです。また、こちらのメーカーは私もMacBook Airをラッピングした際に使用していますが、簡単に貼ることが出来ましたので安心ですよ。