うなぎパイ 名古屋駅

こんにちは、社長です。先日ブログでお伝えした名古屋駅でのうなぎパイの販売中止の件ですが、ネットのつぶやきが拡散して、ついに名古屋駅構内のおみやげ屋さんでうなぎパイの再販売が決定しました!

ネットの反響が後押し

こちらの記事のようにネットでの反響が想像以上に多かったためにうなぎパイのメーカーである春華堂がJR東海のキオスクと再度交渉してくれたようです。

実は名古屋駅のうなぎパイの販売中止は今年の4月から始まっていたのですが、数ヶ月はあまり大きな騒ぎにはなっていませんでした。

これが誰かのつぶやきによって拡散し、おそらく年に1回もうなぎパイを購入しない人までが大騒ぎをした結果が今回の「想像以上の反響」になったと思われます。

まあ、それだけうなぎパイのファンが多いということと、静岡に行く機会がある人が少ないというのも原因かと思いますが・・・。

静岡って行く用事がない?

別に名古屋駅でなくても静岡駅や浜松駅駅に行けばうなぎパイは販売されている訳ですが、どうして名古屋駅での販売中止がこれだけ騒がれたのか?

つまり、それだけ名古屋でのうなぎパイの販売数量が静岡県内の販売数量より多いのか、静岡県内の販売数量と同様の販売数があったということになります。

そもそもうなぎパイは静岡県、それも浜松市の名産品です。それが全国にこれだけ多くのファンを獲得できたのでしょう?ぶっちゃけ、私は静岡にも支店がありますが1年以上静岡には行っていない(笑)

昔は自動車会社とも仕事をした経験がありますので静岡にも行っていましたが、それ以外だと行く用事がない。関東在住者だと伊豆とかに観光で行かれるかもしれませんが関西からだとそれもない。

意外と静岡県ってマイナーな県なのかもしれません。

うなぎパイは偉大です

そんなマイナーかもしれない静岡県の名産品であるうなぎパイがこれだけ全国の人に愛される理由は2つだと思います。

1.おいしいから
2.名古屋で購入出来るから

この2つが大きな理由だと思いますが、ひょっとしたら名古屋駅でうなぎパイが販売されていなければこれだけうなぎパイも有名になっていないかったかもしれません。

それに、名古屋駅でうなぎパイが販売されていなければ名古屋みやげは何を買えばいいの?と思ってしまいます。現にうなぎパイが販売中止期間に私は名古屋駅でおみやげを買っていません。

ういろう?味噌煮込みうどん?、世界の山ちゃんの手羽先?どれもイマイチ子どもも大人も喜びそうなおみやげではありませんね。そういう意味でもうなぎパイはもう名古屋名物にした方が日本中が丸く収まるのではないでしょうか?