高額セミナー 起業 経営

こんにちは、社長です。起業するのにマニュアルなんてある訳がない。もちろん、起業しても経営に関するマニュアルも存在しません。しかし、なぜか人間はマニュアルを探し、セミナーなどに参加します。セミナーに参加する人で学んだことを実践する人は5%もいないんですが・・・。

高額“起業セミナー”契約で経営者ら逮捕


未だにこんなセミナーに引っかかる人がいるんですね。記事によると授業料が100万円で少なくても2億円以上をだまし取ったとか。単純に計算すると200人以上が騙されたことになります。

起業を目指す人ならば、その100万円を起業の資金に回した方が効率が良いというか、100万円が手元にあるのならそれを元手にどうすれば起業できるのか?を考えた方が良いと思うのですが・・・。

おそらく多くの受講生は授業料の100万円をローンを組んで支払っていると思いますので、ローン会社からのキャッシュバックで犯人たちはもっと儲けているハズ。

このぐらいが考えられない人は、セミナーで勉強しても起業できないか、失敗して借金ができるだけだと思います。

起業や経営にはマニュアルなんて存在しない

本屋に行けば、経営者向けのノウハウ系から学術論的な本まで多数販売されています。

しかし、それらを読んだから起業や経営で成功する訳ではありません。もちろん、参考になるものも多くありますが、要はどうやってそれを解釈し、実行するためにはどうすれば良いのか?を考えられる人が成功できる人です。

なので、100万円も支払っても即実践的に使えるノウハウや知識は得られるはずもない。または、その程度の知識ならビジネス系の書籍を数冊購入して読めばよい。どれだけ書籍を購入しても数万円もあれば勉強できるんですけどね。

なので、100万円も知らってセミナーに参加する人の思考が分かりません。やはり、起業したことがない人、経営をしたことがない人には、この辺の理屈が理解できないのでしょうか?

起業したい人にお勧めする書籍

100万円のローンを組んでまで起業セミナーに参加する前に、起業で成功した経営者の本を数冊でも読んでみたら、100万円以上の知識を得られると思います。

私が過去に読んだ経営者が執筆された書籍をいくつか紹介します。

起業で成功した経営者の本で私が記憶に残っているのはこの3人のこれらの本です。この3冊を読んで「おもしろい」と思えるのか「自分には無理」と思うかで、起業できるか、経営できるかがある程度判断できると思います。

私は藤田晋氏や松田公太氏の本は純粋におもしろいと思って読んでいました。今でも私の経営に関する考え方に一部影響していると思います。

起業セミナーに100万円を払おうと思っている方は、まずはこの3冊を読んでみてから、考えた方が良いと思います。

ちなみに、経営者が書く本はできるだけ処女作を読まれることをお勧めします。2冊目以降の本は処女作で書かれたことの繰り返しや一部分の深掘り的な話が多いので、処女作で全体の大枠を理解される方が良いと思います。