アバルト アバルト500Cグリージョレコード(出典元:http://www.hakko-group.co.jp/tps/abarth/2012/10/-500500c.html)

こんにちは、社長です。

本当はこれが欲しかったです。 アバルト500C グリージョレコード。しかし、この特別仕様車が発売されたのは2012年。つまり、私がアバルトを欲しいと思って中古車を物色していた2015年の年末から約3年前になります。

正確に言うと、アバルト500Cの右ハンドル、マニュアルトランスミッションが欲しかったんです。オープンカーの右ハンドルのマニュアルトランスミッションの車。

しかし、このアバルト500C グリージョレコードは日本で限定30台のみ販売された車です。ぜったいに中古車市場でお目にかかることはない、それぐらい希少な特別仕様車です。

さらに、これ以前も、これ以降もアバルト500Cにマニュアルトランスミッションが設定されて日本で発売されたことはありません。FIAT500Cならそれも分かるんですが、より走りに重きをおいたABARTHの500Cにマニュアルトランスミッションが設定されないのは残念です。

その時に考えた方法は2つです。

1.並行輸入でイギリスからABARTH500Cを購入する
2.ABARTH500C グリージョレコードを中古車市場で探し続ける

1の並行輸入に関してはネットで検索するとすぐにABARTH500を中心に並行輸入車を扱っている会社を見つけることは出来ましたがすべてがイタリアからの輸入、つまり左ハンドルが前提です。さらに、中古車の並行輸入車は前のオーナーの状況の把握が難しいのでコンディションにバラつきが多いことと、走行距離が日本に比べて多い車がメインになるので後々のメンテナンスに費用がかかることが多いらしいので、難易度がかなり高めです。

もちろん、新車ならばそんな問題はありませんが国内価格と同等かそれ以上になる(為替の関係とそもそも車両価格が安い)ので予算的にも厳しい。あと、自動車保険もネット系格安自動車保険はほぼ加入することが出来ないため不便です。

結局は中古車市場にABARTH500C グリージョレコードが出てくるのを待つことに。

・・・が、しかし、その日はすぐにやってきました。

中古車情報アプリに登録して1週間ぐらいで東京の輸入車専門の中古車屋さんの在庫にABARTH500C グリージョレコードが新着情報としてUPされたんです!

日本では限定30台しか販売されていない車にこんなに早く出会えるとは・・・。(びっくり)

しかし、よくよく情報を確認すると、3年落ち、走行距離4万キロで258万円。諸費用込みで290万円。新車価格が329万円ですから、3年で約2割しか寝落ちしていません。さすがに国内30台限定発売の車です、リセールバリュー半端無く高いです(汗)

おまけに、3年で4万キロですから平均よりは過走行な車です。普通ならもっとリセールバリューが低くなるハズなんですが。

それでも、欲しい条件を満たしている車は他にありませんので本当に購入する1歩手前まで行きました。しかし、最後まで悩んだのがボディカラー。グリージョレコード(簡単に言えばガンメタですね)の色が元々個人的には好きではない。そして、ABARTHを買うならボディカラーは赤or白orグレーが希望だったのと、オレンジ液晶のスピードメーターが気に入らない。2015年付近からABARTH500やFIAT500SにはTFT液晶メーターが標準になっていましたので、できればTFT液晶のABARTHが欲しい。

結局はボディカラー、TFT液晶メーターを優先するか、オープンを優先するかの二択になり今回は価格も安くなく、中古車販売店が東京ですので現車確認も時間と費用がかかることもあり、ABARTH500C グリージョレコードは諦めることにしました。

たぶん、関西の中古車販売店で現車確認していたら、ABARTH500C グリージョレコードを購入していた可能性が高いと思います。通販で中古車を購入するのは勇気がいりますからね。

2017年or2018年にはABARTH500もモデルチェンジになると思いますので、その際は500Cにも右ハンドル、マニュアルトランスミッションのグレード設定をお願いしたいです。