new_abarth_595_01(出典元:http://www.topgear.com/car-news/hot-hatch/new-abarth-595-hot-hatchback)

こんにちは、社長です。本国イタリアではフィアット500に続いてアバルト595の新型のオフィシャルフォトが公開されています。基本はフィアット500に準じる形でのモデルチェンジなので写真の通り外見はマイナーチェンジ程度の変更です。それでもこの写真の黄色はカッコイイ。ぜひ実車も見に行きたいものです。しかし、私はそれ以上に期待していることがあります。

元々私がアバルトに興味を持ったのは500c。つまり、キャンバストップ仕様です。その辺の話はこちらの記事で書いていますので割愛しますが、今回のモデルチェンジでぜひ右ハンドル、マニュアルトランスミッションのキャンバストップ仕様をカタログモデルで用意して欲しいと期待しています。

日本ではキャンバストップ仕様は価格も高くなるのでたくさん販売される訳ではありません。しかし、屋根を空けて走る爽快感は体験すると忘れられません。しかもアバルトの場合は4名乗車が可能ですのでもうすぐ日本でも販売される124スパイダーよりも実用性が高い。あとマツダのロードスターや124スパイダーの様な純粋なオープンカーに乗るのは少し恥ずかしい訳ですが、アバルトのキャンバストップ仕様だと周りの目も気にせず乗れます(笑)この条件が満たせる車は現在アバルトのキャンバストップしかありません。4名乗車ということであればBMW MINIも候補になりますがBMW MINIの場合はカブリオレなので4名乗車のオープンカーなので周りの目が気になります。

マニュアルトランスミッションの車が少なくなる中で右ハンドルも選べる実用性のあるオープンカーはアバルトだけです。仮にアバルトではなくフィアットに右ハンドル、マニュアルトランスミッションのキャンバストップ仕様が発売されてしまった場合は、かなりの確率でフィアットに乗り換えることになります。それだけオープンカーが欲しいです。

現在アバルトとBMWの夢の2台持ちになれましたが、流石に3台めの車は無理です。というか、3台も車があっても乗り分けられる自信がありません。仕事用にBMW、プライベートにアバルト。この組み合わせは私にとってはベストに近い形です。

1年以内にはアバルトも新型が日本で発売されると思いますので、ぜひ日本での右ハンドル、マニュアルトランスミッションのキャンバストップをカタログモデルとして用意して欲しい。カタログモデルでなくても前回のように限定車だけでも用意して欲しい。今回のアバルトのモデルチェンジでそんな淡い期待を持っています。

追記(2016年8月22日)

 => 新型アバルト595(2016年モデル)インプレッション動画と日本での発売時期