THREE HUNDRED カーボンリップスポイラー

こんにちは、社長です。以前に私が好きなアバルトのアフターパーツメーカー「THREE HUNDRED 」のカーボンパーツを紹介しましたが、とても新品を買い揃えることは出来ません。なにせ、リアルカーボンですからすべての商品がお値段高めですので。もちろん、その分クオリティが高いのだとは思いますが。

そんなことを考えながら何気なくヤフオクを眺めていると、中古のTHREE HUNDREDのカーボンリップスポイラーが出品されているではありませんか!それも購入後数ヶ月しか使用せずに車両入替のために出品するって、極上品の中古じゃありませんか?これはぜひ手に入れたいと思い入札していましたが、想像以上に競合もなくすんなり落札出来ました。

THREE HUNDRED(スリーハンドレッド) カーボンリップスポイラー

税込みで約6万円する商品ですから約半額で購入出来た訳ですからこれは美味しい!毎日ヤフオクは眺めておくものですね(笑)すぐに支払いを済ませて宅配便が届くのを指折り数えて待っていました。

スリーハンドレッド カーボンリップスポイラー

待つこと数日でTHREE HUNDREDのカーボンリップスポイラーが自宅に到着。着払い送料が1,800円ぐらいかかりましたが問題なし。十分安い買い物です。これはすぐに開封の儀を、と思いましたが残念ながら平日の夜ですから週末までガマンです。

スリーハンドレッド カーボンリップスポイラー

購入後数ヶ月しか使用していないTHREE HUNDREDのカーボンリップスポイラーなので目立ったキズもありません。前オーナーが取り付けした際に残っていた両面テープを丁寧に剥がし自前の両面テープを貼り付けた状態がこちら。両面テープをここでケチってしまったのが少し後悔。

スリーハンドレッド カーボンリップスポイラー

とりあえず、アバルトの前にTHREE HUNDREDのカーボンリップスポイラーに置いてみました。アバルトのバンパーには矢印のところに突起があるのですが、カーボンリップスポイラーにはその突起はありません。つまり、この突起部分だけカーボンリップスポイラーが前に出っ張るように取り付けすることになります。車高を下げた時にちょっと怖いかも。

スリーハンドレッド カーボンリップスポイラー

フィッティングを確認後に両面テープを剥がして取り付け後の様子がこちら。確実にノーマルバンパーよりもリップスポイラーが前方に出っ張っています。カタログ的には約1cm出っ張ると記載があったと思いますが、1cmって意外とデカイ。確実に知っている人が見たらリップスポイラーを取り付けているのが分かる感じです。

スリーハンドレッド カーボンリップスポイラー

実際に取り付け後に細部を見てみると上の写真のように左右のカーボンリップスポイラーの端が完全にリップに被せきれていません。これは私が両面テープをケチったので粘着力が弱かったのが原因と思われます。または、THREE HUNDREDのカーボンリップスポイラーのフィッティングがかなりしっかりしているので両面テープをもっと薄型のものにするともっとしっかりフィットすると思います。

私が両面テープをケチったおかげで細部のフィッティングがイマイチな取り付けになりましたが、一度取り付けたものをやり直すのは気が滅入るので今回は当分このままで様子をみます。しかし、実際の取り付けに関しては本当に簡単で両面テープを貼り付け、仮フィッティングしてから一気に取り付けるまで10分から15分程度ですね。簡単です。

しかし、たったこれだけの物を取り付けただけでアバルトの印象が大きく変わりました、写真では分かりにくいのですが、全体的に「締まった」感じでしょうか?思いの外存在感のあるTHREE HUNDREDのカーボンリップスポイラーでした。

これは税込み6万円の価値があるかもしれません。私は偶然程度の良い中古にめぐり合うことが出来ましたが、なかなかヤフオクでも出品されるものではありません。購入をお考えの方はTHREE HUNDREDのサイトから注文するか、Tポイントが着くイタ雑で購入するか?Tポイント分が値引きだと考えればイタ雑で購入するのがお得ですよ。

アバルト 500 カーボンリップスポイラー by THREE HUNDRED